Q&A
よくある質問
Q&A

海外投資に対する不安や疑問にお答えします

オフショア投資に関するお問い合わせが多い質問をまとめ、回答をQ&Aに掲載いたしました。「株や投資は損をしそうで怖い」「どうやって海外積立を始めたら良いのかわからない」など、海外積立投資に関する不安や疑問にお答えしております。

  • オフショア投資とは何ですか?

    オフショア投資とは、オフショア地域と呼ばれる非課税の地域で資産運用することです。

    オフショア地域では金利10%といった日本では考えられないような金融商品があります。

    月1万円の積み立てでも、30年間積み立てると日本の場合では金利がないので360万円くらいですが、オフショア地域の場合は約2,279万円になります。

    オフショア投資は複利で資産が雪だるま式に増えていく海外積立投資です。そのため、早く実施するほど資産が増えていくようになります。

  • 投資で損をする可能性はありますか?

    海外積立投資では「最初に決めた金額について、満期になるまで投資する」ことが大前提となっています。

    これができない場合、元本確保やロイヤリティボーナスがなくなり、資産運用どころか高確率で損をします。

    契約するIFA(代理店)を正しく選べば損をすることはまずありません。ただ、例外的に途中での減額や停止、引き出し、解約をするとIFAが優れていたとしても損をします。

    また、オフショア投資ではウソの内容を伝えて契約させる詐欺まがいの人が非常に多いため、そうした人から加入しても高確率で損をしてしまいます。

  • どこの地域でオフショア投資を行えばいいですか?

    オフショア投資を行う地域は、初心者の方は香港がおすすめです。距離も近いため、安心感があります。

    また、税金がほとんどかからないタックスヘイブンは世界中に存在するものの、特別な理由がない限りは香港にあるIFA(代理店)から契約することになります。マン島やケイマン諸島などのオフショア地域に籍を置く金融機関へ投資するにしても、契約は香港のIFAになるのです。

  • オフショア投資を始めるにはどうすればいいですか?

    オフショア投資はIFAと呼ばれる代理店に依頼して金融商品を紹介してもらう必要があります。

    あなたが金融機関へ連絡しても契約できません。また、IFAが面倒な手続きなどを行ってくれます。そのため、IFAに依頼してオフショア投資を始めましょう。

オフショア投資による海外積立をサポートしており、元銀行員による的確かつわかりやすいご提案に信頼がございます。お子様の教育資金や老後資金、マイホームのリフォーム費用など、ライフステージには様々な出費がございます。将来への不安を安心に変えるためにも備えが必要であり、複利での中長期運用により効率良く資産を増やせる海外積立投資に注目が集まっております。初めて海外積立を検討されている方などからお問い合わせが多い質問をQ&Aに掲載いたしましたので、よくある質問も参考にご覧いただき、気軽なご相談をお待ちしております。